子宮筋腫
 40代の30涌幣紊忙匍楸攫陲ある
受精卵が子宮内膜にくっつく事を「着床」と呼びます。
精子と卵子が受精したとしても、着床に至らなければ妊娠は成立しません。
子宮や卵巣に流れ込む血液の量(運動)や血液の質(貧血)
子宮内膜症、子宮筋腫などの病気も不妊の原因となります
子宮筋腫のサインを見逃さない
月経異常、月経痛、腰痛、下腹部痛、腹部圧迫感など、
筋腫が大きくなると、膀胱や腸などの周囲臓器を圧迫して頻尿や便秘になることもあります
子宮筋腫が不妊症の原因になる理由
子宮筋腫ができると子宮を圧迫します
形もデコボコになるため、受精卵が着床しにくくなります。
せっかく着床しても子宮は硬く、そして収縮しやすく、
知らないうちに流産してしまうこともあります。
子宮筋腫があっても妊娠は可能?
子宮筋腫がある人が必ずしも不妊とは限りません。
筋腫をもったまま妊娠される方もいます
子宮内膜症
子宮内膜に似た細胞組織(本来は子宮内膜にのみある)が、
腹膜、卵巣、直腸と子宮の間のダグラス窩など、さまざまな臓器に発生する疾患


子宝相談問診票へ移動する